網戸張り替え 網の種類

網戸張替え時には一番気になるメッシュ網の選び方が大事

網戸の種類メッシュ

網戸の張り替えを業者に頼んだのはいいけれど、そのままでお願いしていませんか?

 

網戸の交換作業に気を取られ過ぎて、業者の言われるままの網を取り付けてしまって夏の涼しい夜に網戸に網からスッと蚊が侵入って事がごく希に見られます。

 

そこで気をつけたいのが網の種類と色と素材、そして大事な網目ネットの細かさです。これらによって網戸から得られる効果が変わって来ます。特に網のメッシュが大きすぎると先ほどでも言いましたが蚊などの虫が侵入するとホントにストレスが溜まりますよー。

 

スポンサーリンク

 

網戸の種類-網目メッシュの種類

網戸に取り付けてある網目ですが、何種類かあります。

 

単位はメッシュで網目の四角形の一辺が、

18メッシュ(1.15mm)
20メッシュ(1.03mm)
24メッシュ(0.84mm)
30メッシュ(0.67mm)
40メッシュ(0.64mm)

 

と種類があります。よく使われているのが20か24メッシュですが、うちでは20メッシュだと蚊が侵入したことがありましたので、今では30メッシュを使っています。これぐらい細かいのもだとコバエもある程度侵入を防いでくれています。

 

ただ、あまりにも細かい網目にしてしまうと今度は風通しが悪くなるので注意が必要です。

 

網戸の種類-色

網戸の網には色が黒色、白色などがあります。

 

白色は見た目がオシャレでホコリも目立たないのが特徴です。
黒色は室内からの外の景色が良く見えますが、ホコリが目立ちやすいです。家の床材の色と似ていますね。

 

だいたいの家庭は黒いメッシュの網戸を付けているのが殆どだと思います。
なかには外側をシルバーにして外からの目線を遮り、中は黒で窓の景色はよく見えるようにすると言った高価な網も販売されているようです。

 

網戸の種類-素材

あまり知られていなようですが、網戸の網にはいくつかの素材があります。
一般的な素材がポリプロピレンといいまして安価で手に入る網です。耐久性は5年ほどで過酷な環境ではもっと早くに張り替えを必要となってきます。

 

次にポリエステル、良く聞く素材の名前ですね。先ほどの素材よりも丈夫で柔らかさもあります。
ペットなどがあるお家では引っ掻かれても簡単には壊れないために使われる事も多いそうです。張替え時期はやはり環境にもよりますが、日差しのきつい場所なら先ほどと変わらないかと思います。

 

そして次に、グラスファイバー素材。こちらも最近聞いたことのあるテクノロジーな素材です。

 

耐久性はもちろん、耐熱にも優れていてタバコぐらいの火でも穴が開かないようです※理論値なので燃えないというわけではありません。

 

さらに風通しが良くほつれにくく、加工もしやすいので張り替えが容易に出来ます。しかも美しい色合いでオシャレ感たっぷりですので自分で張替えるならこちらがおすすめかなと私は思いますが、お高いですが価値はありです。

 

あと最後にステンレス素材の網戸の網もあるようです。張替え時期も20年ほどあり、壊れにくい、錆びにくい、手入れが楽など最強の網戸の網ですが、価格が高いです。

 

網戸の網の種類まとめ

以上のように網戸の張り替えにしたって色んな素材や種類があります。私は実際に自分で張替えをしましたが、耐久性のあるポリエステルの30メッシュだと切れ味の鋭いカッターでないとなかなか切れませんでした。

 

やはり道具を揃えていざ張替え作業をやってみて、「出来ない無理」、「ヨレヨレで隙間から虫が入ってくる」などで失敗しそうなら思い切って張替え業者に頼んだ方が気も時間もお金も節約なるかと思います。

 

今なら最大5枚まで1枚1000円で張替え交換をしてくれる業者さんもいますし。

 

網戸の張り替えを無料相談してみる。

 

なんなら加工のしにくい網の素材をお願いして最強の網戸にしてみるのもこれを機会に試しても良いかと思います。素材の指定は業者さんとご相談すれば費用のプラスオンで何とか出来るかと思いますしね。

 

それでは今回はここまでで。ありがとうございました♪